芸能全般

1: 2020/01/20(月) 15:29:00.64 ID:uC60cCFA9
「第52回ミス日本コンテスト2020」(スポーツニッポン新聞社後援)が20日、東京・新宿の京王プラザホテルで開催され、最終選考に残った13人から、小田安珠さん(21=慶大文学部人文社会学科3年)さんが52代目のミス日本グランプリに輝いた。

グランプリの名前が呼ばれると驚きと感激の表情を浮かべた小田さんは「感謝の気持ちでいっぱいです。素晴らしい賞をくださった方に感謝の気持ちを伝えたいです」と笑顔。
「番号を呼ばれたときからまだ少し夢見心地なんですが、喜びと同時に、たすきをいただいた時に責任感を感じました。私だけでなく、ここにいる13人で令和の時代を引っ張っていける女性になれるように努力してまいります。応援してくださった皆さん、ありがとうございます」と感謝を繰り返した。

今後については「自己PRで伝えるということを頑張っていきたいと申しました。ですから、今まで磨いてきたことでしたり、たくさんの方にこれから教えていただくことを役割を魅力的に伝える役割を担っていると思っています」と意気込み。
一番伝えたい人は「会場に来てくれている母です」と小田さん。
「ずっと探していたんですけど、見つからずどこにいるかわからないんですけど」とキュートに笑いつつ「私の思い付きの人生だったり、やりたいことをすべていいよ!と背中を押してくれた母に『ありがとう』といいたいです」と声を震わせた。

小田さんは、3歳から始めたクラシックバレエはキャリア18年。
昨年は学生キャスターや旅番組のリポーターを経験した。
映画「インディ・ジョーンズ」の影響を受け、大学では考古学を専攻。
古墳時代の埴輪(はにわ)を研究中で、「優しく、凜(りん)とした雰囲気を持つ」アナウンサーを目指している。

ミス日本「水の天使」には中村真優さん(21=独協大法学部総合政策学科2年)、ミス日本「みどりの女神」には井戸川百花さん(19=中大経済学部経済学科2年)、ミス日本「海の日」には森谷美雲(みう)さん(20=山形大人文学部社会学3年)、ミス日本「ミススポーツ」には田中絵梨果さん(22=慶大環境情報学部環境情報学科3年)、ミス日本「ミス着物」には青木胡杜音(ことね)さん(19=日本工学院専門学校蒲田校)が、それぞれ選ばれた。

女優の山本富士子(88)藤原紀香(48)らを輩出した伝統ある、日本最高峰の美のコンテスト「ミス日本コンテスト」。
今回の応募者は2525人で、決定コンテストには全国4地区から選ばれた13人が参加。
水着審査、ドレスなどに加え、自己PR、質疑応答などを経て、「利他の心で行動する健康美人」をテーマにミス日本にふさわしい女性が選出された。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/20/kiji/20200119s00041000213000c.html

「ミス日本2020」グランプリ 小田安珠さん

no title

no title

ファイナリスト13名

no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】ミス慶応の小田安珠さん、「ミス日本」グランプリに 女子アナ目指す21歳】の続きを読む

1: 2020/01/09(木) 13:47:23.53 ID:9bkWX+O7M
 正月早々、ショッキングな情報をキャッチした!! 芸能界から違法薬物での逮捕者が相次いだ昨年の流れは、2020年も止まらないどころか加速しそうだ。東京五輪開催を前に、捜査当局が集中取り締まりを強化するからだ。今年1発目の逮捕者は誰になるのか? 本紙は国民的女性アイドルグループの元メンバーXが、次期逮捕者リストの“ポールポジション”にいるとの衝撃情報をつかんだ。

 芸能界は違法薬物撲滅を掲げているにもかかわらず、昨年もピエール瀧(麻薬取締法違反罪で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決)、元KAT-TUNの田口淳之介(大麻取締法違反罪で懲役6月、執行猶予2年の有罪判決)、沢尻エリカ被告(麻薬取締法違反罪で起訴)など、多くの芸能人が逮捕された。

 その誰もがこれまで築き上げた地位を軒並み失っている。これを他山の石として、いまだ薬物に手を染めている芸能人もやめればいいのだが…。それでも「自分だけは大丈夫」と思ってしまうのが薬物中毒者の特徴だ。

 当然、捜査当局が見逃すわけがない。今年は東京五輪という国際的なビッグイベントが夏に控えており、その前までに不届き者を一掃する決意を固めているからだ。

「東京五輪開催の7月まで、薬物犯罪を取り締まる警視庁組織犯罪対策5課と、厚生労働省麻薬取締部、通称マトリは有名人の薬物犯罪摘発に今まで以上の力を注ぐというのです」(司法関係者)

 昨年から、様々な実績十分の俳優や女優のクスリ疑惑がささやかれてきた。しかし、現時点で最も逮捕に近い場所にいるのはズバリ、Xだ。

「Xは一世を風靡した国民的女性アイドルグループの元メンバーで、現在はタレントとして活動している。ソロとして地道に活動しているかと思われていたが、なんと大麻使用疑惑が浮上している」と薬物事情に詳しい芸能関係者。

 Xは現在30代で、過去にはNHKの「紅白歌合戦」に出場したこともある。

「いまだにXには熱烈なファンがいます。万が一、彼女がクスリで逮捕されたとなれば、沢尻の逮捕以上に衝撃が走ることは間違いないでしょう」(芸能プロ関係者)

 Xに異変が表れたのは昨年だ。妙にボーッとしている時があるかと思えば、情緒不安定の時もある。これは明らかにおかしい。何かよからぬことをやっているのではないか? 仕事で付き合いのある身近な人物がいろいろと調べたところ、浮上したのが大麻吸引疑惑だった。そこでこの人物がX本人に問いただし、やめるように伝えたところ…。

「疑惑を一蹴し、まったく聞く耳を持たなかった。それ以降も大麻をやめる気配はまったくなく、どんどん人が離れていっている」(芸能事情通)

 それにしてもXはいったいどこで大麻を覚えてしまったのか?

 覚醒剤事件で過去に有罪判決を受けた女優の酒井法子や沢尻被告の例から分かるように、女性の場合は男性から教えられるケースが多い。

「当局はXもパートナーから覚えさせられたのではないかとみて関心を寄せています。年度が変わる3月末までには逮捕にこぎつけようと、慎重かつ徹底的に内偵を進めています」(前出司法関係者)

 それでも「自分だけは大丈夫」とでも思っているのか、Xは年が明けても大麻に手を染め続けているという。水面下では着実に、逮捕が迫っているというのに――。


no title




【2020年麻薬逮捕第1号 国民的アイドルグループ元メンバーか? 沢尻超える衝撃!】の続きを読む

1: 2019/12/14(土) 14:43:00.73 ID:3C/0+ZZE9
 タピオカ騒動によって元来のヤンキーとしての暴力的な側面が世に再認識されてしまった木下優樹菜。その復帰はいばらの道と言われるが、じつは木下優樹菜ほどあからさまではないにせよ、芸能界には元ヤンがかなり多い。今ではその片鱗さえ見えない元ヤンキーの素顔を持つ芸能人を聞いた。

「木下優樹菜さんや土田晃之さんのように元ヤンキーであることを公言している人は多いですが、一方で完全に隠している芸能人もいます。ただ、地元の仲間や同級生が暴露してバレることもあります。しかし、それでも今のイメージを守るために隠している人はいますね」(テレビ局関係者)

 公言派と黙秘派に分かれるようだが、隠している芸能人にはどのような人物がいるのだろうか。

「ひとりはモデル出身の超美人女優Sさんです。知っている人もある程度はいるかもしれませんが、本人や事務所は隠したい過去になっています。ただし、本人と話すとかなりの頻度で元ヤンだとわかる言動を見受けるので、本当に隠したいなら日頃の言動にも気を付けるべきですね」(同)

 訛りが出るのは知っていたが、あの口調でヤンキーをやっていたなら驚きだ。結婚生活でも元ヤンぶりを発揮しているのだろう、あ。そして、確かに日頃の言動にも気を付けないと、どこで誰が見ているかわからない。第二の木下優樹菜にならないことを願うばかりだ。

 2人目はかなりの大物女優の名前が出てきた。

「今や大物の妻ですが、女優のFさんはそちらですね」(ドラマ制作会社スタッフ)

 その片鱗さえ見えないだけに驚愕だが、兵庫県時代にはそちらで名を馳せていたようだ。

「ドラマのスタッフの中には彼女が瞬間的にキレるのを見ている人間も多いんですが、演技や現場の仕切りなどで納得いかないことがあるとかなり怖い顔を見せてくることがあります」(同)

 元ヤンならばキレたときに素が出ると言われるが、まさしくそのような状態があるらしい。 

https://tocana.jp/2019/12/post_131383_entry.html

no title


VR動画

【【画像】木下優樹菜だけじゃない! 実はかなりのヤンキー芸能人を暴露】の続きを読む

このページのトップヘ