2020年06月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/06/28(日) 13:55:09.72 0
寺島しのぶ
no title

VR動画

【【画像】需要がないのにヌード姿を披露した女性芸能人】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/06/28(日) 19:15:24.38 ID:qoEgwU9X9
グラビアタレントの橋本梨菜が28日、都内でBlu-ray&DVD「Rina Mahalo」(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

橋本にとって15作目のイメージ作品となる本作は、昨年11月に“第2の故郷”ハワイで撮影されたそうで、本人役で登場する橋本が、ハワイでのロケ中に偶然出会ったファンとの恋愛劇に身を焦がす様子が描かれており、「グラビアを始めて5年という節目でもあるので、いろんなシーンにこだわって撮影しました」と自信を覗かせた。

オススメのシーンを聞かれると、まずシースルーのワンピース水着を挙げ「桟橋の下で撮ったシーンで、一見、露出はすごく多いので“どうなんだろう”って思ったんですけど、シースルーの部分が水に濡れるとセクシーな感じになりました。肌が黒いので、肌にピッタリくっ付くと何も着ていないんじゃないかってくらいに見えるのがオススメです」と紹介。

さらに、エメラルドグリーンの三角ビキニも挙げ「シャワーのシーンなんですけど、すごく天気が良くて、シャワーの水と光がキラキラしていて、とってもオススメです」とコメントし、毎回ダンスシーンがあるそうで「今回のダンスシーンはアラビアンな感じのやつを挑戦して、ベリーダンスをやりました。そこもオススメです」とアピールした。

また、黒いビスチェを着ているシーンが1番SEXYだそうで「ドSでカメラを蹴ったり、カメラを踏みつけたりしています。普段はこんな感じではないので、なかなか難しかったですね。挑発するようなものは苦手ですね」と苦労を明かしつつ、「ドM心をくすぐられるシーンじゃないかなと思います」と笑顔を見せた。

新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言下で、どのような自粛生活を送っていたか尋ねられると「最初は暇になっちゃったなって思ったんですけど、リモートの収録とか、おうちグラビアでカメラを渡されて、家で1人で撮ったりして、途中からは仕事も増えて、いつもよりゆっくりできる仕事生活だったので、むしろ私はちょうどよかったなって思います」と答え、自粛太りもしてしまったそうで「家にいるとつまみ食いしちゃうので太りましたね。人生で見たことがない体重を叩き出しました」と告白。どのくらい太ってしまったのか追求されると「4kgくらい太って、3kgくらい戻しました(笑)。もう1kgどころか、夏が来るのであと3kgくらい落とそうかなと思っています」と苦笑した。

また、自粛期間中にハンモックを購入しベランダで日焼けをし、自粛明けてハワイロケに行き、この日も黒さを保っていた橋本は、白くなる予定はないか聞かれると「このDVDは3月20日に発売されたんですけど、ちょうど5年前の3月20日にファーストDVDを出しているみたいで、ちょうど5年だったので感慨深いなと思って、(過去作の)ジャケット15枚を見てみたんですけど、最初は白いですね!15枚出して今後の方針も考えたんですけど、白くなることはまだないかなと思います(笑)」と吐露した。

最後に、自粛期間も明け、これからやりたいことを聞かれると「ここ3年連続で写真集を出させていただいているので、今年も出したいなと思って、今、大忙しで考えてもらっている感じなのと、バラエティにももっと進出して行きたいのと、9月に主演映画が公開される予定なんですけど、無事に上映されたらいいなという気持ちです」と語った。


no title

no title


no title


no title


no title


no title


no title


VR動画

【【グラビア】“日本一黒いグラドル”橋本梨菜、カメラを踏みつけるドSなSEXYショット挑戦を明かす】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/06/29(月) 20:20:12.44 ID:47c1DVfKMNIKU
no title

VR動画

【【画像】本田望結ちゃん(16)のおっぱい、えっちすぎるwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/06/28(日) 20:07:14.88 ID:MkIjmNXS0 BE:738130642-2BP(1111)
熊切あさ美の写真集『Bare Self』が19日に発売。7月11日に発売記念イベントを行う。 

大胆なカットも収められた今回の写真集は注目を集めているが、ファンからの反応に「たくさんのメッセージやイイねにいつも感謝しています」。
「今回コロナでイベントは諦めていたんですがまさかのイベントをさせてもらえることに」と喜びのコメント。 

ただ写真集を出すのが約16年ぶりとのことで、「イベント久しぶりすぎて来てくださる方が本当にいるか不安。。。」とSNSで吐露。
「是非会いに来てください」と呼びかけている。

https://www.rbbtoday.com/article/2020/06/28/180029.html

no title

no title

no title

no title

動画版ホスピタリティ~ある病院

でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】熊切あさ美(40)が写真集で生尻ヌードを披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 2020/06/29(月) 03:35:19.98 ID:Y48ikpmM0
no title

動画版ホスピタリティ~ある病院

でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】都丸紗也華とかいうドスケベグラドル】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/06/28(日) 10:36:09.79 0
 タレント・蒼井そらが27日、都内で小説「夜が明けたら 蒼井そら」の発売記念イベントを行った。

 同作は、蒼井の半生をモデルに、作家・藤原亜姫がドラマティックに脚色して描いた小説。

 26日に更新したブログでは、同作の幼少期からデビューまでの時間経過を見ると、本人と登場人物の年齢が違うと明かしていた。

 さらに公式プロフィール上では1983年生まれとなっているが、年齢をサバ読みをしていたことを認め、実年齢は39歳であることを明かした。

 これに蒼井は「デビューする時に、こういうものだとマネージャーさんに言われて。私が今日初めてデビューです、という雑誌が出た時、コンビニで見てみると『あ、私1983年生まれなんだ…』ってなって(笑い)。アダルト業界は18歳が一番若いので、18歳がいいということで、そうなったんだと思います!」と述べた。

 公表に至った理由については「結婚、出産を経験して、もういいかなと。年相応だねって言わないでください!」と笑顔。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1934556/

no title


VR動画

【元AV女優の蒼井そらが年齢サバ読みしていたことを公表「AV業界は18歳が一番若いので」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/06/27(土) 22:35:12.55 ID:LPVt1WVR0 BE:229078592-2BP(1000)
女優の本仮屋ユイカが6月23日、自身のインスタグラムを更新。2月に発売された写真集の未公開カットを披露して話題を呼んでいる。

本仮屋は《写真集『CANTIC』の未公開カットが先週金曜日発売の写真週刊誌『FRIDAY』に掲載されています ロングヘアの自分が遠い昔のように感じる…(実際は、髪の毛を短くしてからまだ1カ月もたっていません) ぜひお手に取ってご覧うただけたらうれしいです》などとつづり、色気ムンムンの写真を公開した。

濃紺のビキニからあふれんばかりのバストを見たフォロワーからは、

《えー! ユイカちゃんこんなにオッパイあるの? 知らなかったわ》
《普段のユイカとのギャップがすごい。マジでエロ過ぎる!》
《おっぱい成長した? 大人の色気がハンパないね》
《目の保養になります。おっぱいだけじゃなく、肌の張りも最高ですね》
《ナイスバディですねー。ショートカットの水着姿も見たいナ》

など、歓喜の声が殺到している。

「本仮屋はもともと‶ちぃパイ〟でしたが、今回の写真集では『コンプレックスが胸なんですけどたわわに見えるように頑張ってます。みんな褒めてくれる。初めて〝胸〟と言える。最高傑作。2億点満点』と語るなど、成長した胸に自信満々の様子をみせました。もしかしたら最近流行の〝育乳〟に精を出したのかもしれませんね。もともと水着撮影には抵抗がなく、今回の写真集は通算5冊目。回を重ねるごとにエロさもアップしています。今後は映画でも一肌脱いでほしいところです」(芸能記者)

本仮屋は、2001年に『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役として注目を集め、05年にはNHK連続テレビ小説『ファイト』の主演を務めて全国区の顔になった。しかし、その後はコンスタントにドラマや映画に出演するものの脇役ばかり。32歳という年齢を考えれば、そろそろもう一段ステップアップしたいところだ。

「本仮屋は〝正統派女優〟というイメージが強く、それが無難な役回りしか来ない理由の1つでしょう。本人は肌の露出を嫌がっているわけではないので、事務所の方針だと思います。主役を張る女優になるためには、躊躇することなくフルオープンに踏み切る必要があるでしょうね。同じ朝ドラ女優の二階堂ふみは、大胆な濡れ場を演じています。ぜひとも見習ってほしいですね」(映画ライター)

もうあまり時間はない! 決断を期待しようではないか。


no title

no title




【【グラビア】本仮屋ユイカが“育乳”成功! 今こそセクシー路線への転換大チャンスか?】の続きを読む

このページのトップヘ