2018年07月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/07/30(月) 03:41:38.96 ID:KhkYT/ch0
めっちゃかわええやん・・・

29463




【【画像】セクシー女優の小島みなみさんがエロ可愛い】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/07/30(月) 11:49:24.656 ID:HYuDftCu0
語れるやついる?

2: 2018/07/30(月) 11:49:51.301 ID:4S/hrP7C0
ハイレグ以外はゴミ
以上

no title

no title

no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【【画像】競泳水着好きなやついる?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/07/30(月) 05:52:54.97 ID:CAP_USER9
「週刊プレイボーイ33号」(7月30日発売・集英社)では、公開中の映画『劇場版コード・ブルーードクターヘリ緊急救命ー』に出演中の山谷花純の撮り下ろしグラビアが登場している。

今回は、世界遺産でもある長崎市の“軍艦島”でロケを敢行。廃墟都市を舞台に『2050年、誰モイナイ街。』と題して、山谷がタイムスリップしたような世界観を見せながら、大胆なビキニ姿で悩殺している。また、ショートカット姿も初お披露目となるので、ボーイッシュなスレンダーボディーを堪能できる。

山谷は、2019年公開予定の映画『今日も嫌がらせ弁当』、第10回沖縄国際映画祭上映作品『耳を腐らせるほどの愛』に出演。10月7日(日)放送開始予定のドラマ『主婦カツ!』(NHK BSプレミアム、毎週日曜22:00~)にも出演と、女優としての活躍が目立つが、グラビアのポテンシャルも知られるところ、水着姿もお願いしたい。

栗山秀作/週刊プレイボーイ

no title

no title

no title

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180730-11911845-dwango


【【グラビア】山谷花純、ショートカットお披露目 スレンダーな水着姿がそそる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/07/30(月) 00:10:17.03 ID:CAP_USER9
スーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(毎週日曜あさ9時30分/テレビ朝日系)にてパトレン3号/明神つかさを演じている奥山かずさが、30日発売の「週刊ヤングマガジン」35号の表紙、巻頭グラビアに登場する。

同誌初登場の奥山は、日曜朝のヒロイン姿と違い、水着で真っ白な肌、抜群のスタイルを披露。
「第1回ミス美しい20代コンテスト」準グランプリを獲得したその美貌を“正統派美人”と称し、海ではしゃぐ姿を写し取った。

また「野球は観るのもやるのも大好きです」と水着で野球を楽しむ姿も。
全ページ“正統派美人”ぶりが輝くグラビアとなった。 

生年月日:1994年3月10日
出身地:青森県
星座:うお座
血液型:B型
趣味:ソフトボール
特技:運動、体を動かすこと

2016年に行われた「第1回ミス美しい20代コンテスト」で準グランプリを獲得。2018年には『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でヒロインの1人・パトレン3号/明神つかさに抜擢され女優デビューした。

http://mdpr.jp/news/detail/1782746


「週刊ヤングマガジン」35号 奥山かずさ 

no title

no title

no title

no title



【【グラビア】これぞ“正統派美人”! 「パトレンジャー」奥山かずさ、水着で抜群スタイル披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/07/29(日) 18:28:04.46 ID:ZJ4/YuHk0NIKU
バリバリのキャリアウーマン亜希子(綾瀬はるか)が結婚相手・宮本良一(竹野内豊)の連れ子に、母として認めてもらおうと奮闘するドラマ『義母と娘のブルース』。

TBS火曜10時枠としては、新垣結衣『逃げるは恥だが役に立つ』以来の、大ヒットの予感を秘めた物語になっている。いや、もしかしたら超える可能性もある。

TBSの火曜10時枠は、2014年4月からバラエティを改めドラマとなった。

基本的に主演を女性が務める、20~40代女性層をターゲットとした枠で、「女性向けの恋愛ドラマ」が基調となっている。

ただしスタートして2年半、作品は悉く視聴率一桁に留まった。その10%の壁を突破した最初が『逃げ恥』。

初回こそ10.2%とギリギリ二桁。ところが2話12.1%・3話12.5%と上昇を始め、以後一度も数字を下げることなく、最終回は20.8%と大台を超える大ヒットとなった。

実は今クールの『ギボムス』は、その『逃げ恥』に匹敵する好スタートを切っている。

初回視聴率は11.5%、2話11.3%、3話12.4%。2話で0.2%下げたが、初回が高かったことの反動かも知れない。1~2話を見て、内容への評価が口コミで人を集め、3話で再び上昇を始めていた。

今クールGP帯ドラマの中で、3話12.4%は現時点でトップを行っている。

大ブレークの予感として、『逃げ恥』との類似性を挙げたい。

『逃げ恥』もビジネスの世界を家庭に持ちこんでいた。「夫=雇用主」「妻=従業員」という「仕事としての結婚」を描いたドラマだった。

ところが契約結婚だったはずが、次第に男女の恋愛感情が抑えられなくなって行くという社会派ラブコメディ。いわば結婚についての新たな選択肢を我々に提示した。

『ギボムス』でも、仕事の論理が家庭生活に入り込んでくる。

番組ホームページのトップには、「はじめまして、あなたの母に就職します」のキャッチコピーが躍る。

主人公・亜希子(綾瀬はるか)は、日常会話にビジネス用語が頻繁に出てくるバリバリのキャリアウーマン。

結婚相手・宮本良一(竹野内豊)から、連れ子のみゆき(横溝菜帆)を紹介された際も、「初めまして。私、このような者でございます」と、“名刺”を差し出し深々とお辞儀をしてしまった。

初回では、こうしたビジネス用語のオンパレードとなる

なかなか受け入れてくれないみゆきに対しては、自分が母になる“メリット”を示そうと、「みゆきちゃんが困っていることはありませんか。そこに私が“ソリューション”を与えられれば・・」と発想する。そしていじめっ子・大輝(大智)との関係修復をさせる。

帰宅後、みゆきは亜希子からもらった手紙を開ける。そこには“履歴書”があり、良一から「会社に入りたいですって出すもの」との説明を受ける。

そしてみゆきは手紙を返す。「選考の結果、貴方を採用することに決定」と書いてあった。

その後も、ビジネス論理は随所で出てくる。

企業間交渉を円滑に進めるための“腹芸”を、なんと学童保育で披露してしまい、みゆきの不興を買う。しかもビジネスで時々使う“土下座”をして失敗を取り戻そうとするが、事態をさらに悪化させてしまう。亜希子の一生懸命さが裏目に出ることも多々ある展開だ。

それでも真剣な態度はやがて人を動かし始める。圧巻は第3話。

PTAのやり方を巡って、ビジネスと同様に合理的にすべきと発言した亜希子は、役員たちと対立してしまった。そこでPTA廃止活動を始めたところ、学校の知れるところとなり、副校長らに呼び出され話し合いが始まった。

そこにみゆきが飛び込み、亜希子をたしなめる。

「私のママなら、私が嫌われるようなことしないで!」

副校長も「みゆきちゃんもこう言っていることだし・・」と丸く収めようとする。

ところが亜希子は引き下がらない。

「先生、子供がこんな発想になって良いのでしょうか」

「子供は親が嫌われるようなことをしたら、自分も嫌われると思っている」

「親は子供が嫌われることを恐れて、言葉を飲み込む」

「その背中を見て育った子供は思うでしょう」

「長いものには巻かれれば良い」「強い奴には逆らうな」「本当のことは影で言うが正しい」

「だって、大好きなお父さんお母さんがそうやっていたんだから」

亜希子の一生懸命さは、みゆきの気持ちを変え、先生たちの考えを改め、周りのママたちを動かし、PTA会長も納得させていく。

しかしドラマのテーマは、もう一つありそうだ。

亜希子自身が家族・家庭に覚醒していく点だ。

番組ホームページには、こんな記述もある。

「母親になるために、ただ一生懸命娘を愛する10年間のお話」

「その日々は、喜びと、ほんの小さな奇跡に満ち溢れている」

『逃げ恥』と同じように、ビジネスというアングルから入ったものの、次第に別の感情が主人公たちを満たしていく。『ギボムス』も、同じように亜希子は人間としての別の一面に出会っていくのだろう。

そこに人生の真実があり、感動があれば、同ドラマは『逃げ恥』と同じように多くの視聴者を動かすだろう。その山の頂に、どの道で登っていくのか、とても楽しみなドラマである。

https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20180729-00091153/

no title



【【画像】綾瀬はるかのおっぱいが大きいドラマ 逃げ恥を超える勢い!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/07/29(日) 13:56:54.85 ID:SWhYaNRc0 BE:232392284-PLT(12000)
 RIZIN11さいたまスーパーアリーナ大会の前日計量が28日に都内で行われ、メインに登場する“ツヨカワクイーン”RENA(27=シーザージム)が、リミットを100グラム下回る48・90キロでパスした。昨年末の、女子スーパーアトム級GP決勝で敗れた浅倉カンナ(20)との再戦となる。「少しでも緊張感を切らしたくない」と笑顔を封印し、衣装も従来の赤から黒に。陽から陰へとイメージを変えて、「ヒール役も楽しくなってきた。明日はブーイングを受けても、それも楽しみたい」と不敵に予告した。

 変えないものもある。「無敗の塩タン神話」だ。東京・浅草のお店の絶品を計量後に食べると、6年間負け知らずだった。浅倉には負けてしまったが「あの日は、1日2試合あったから。2試合分は食べなかった。あれはなしで」と、今回もルーティンを継続する。イメチェンしても「女子格闘技界を盛り上げられるのは、私しかいない」という自負も不変だ。真冬の屈辱の借りを猛暑に返し、復活を遂げる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00283606-nksports-fight

no title


【【画像】史上最もエロかったアスリート】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/07/27(金) 15:45:30.82 ID:CAP_USER9
7月27日に女優の橋本環奈がTwitterを更新し、自身の写真を4枚披露。お蔵出しショットの数々にネットでは絶賛の声があがっている。

橋本は「待ち時間にカメラロール遡ってました。 載せてなさそうな写真見つけたから載せちゃおうかな」とのコメントとともに、4枚の自撮りショットを公開。
メガネをかけている姿やおでこを出したリラックスムードあふれる姿、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)で神楽役を演じていた時期のものとみられるオレンジヘアの姿など、可愛らしいカットばかり。

なお、橋本はこれらの写真について「いやいや全部すっぴんやん。光いっぱいあてなきゃ。笑」とも綴っているが、ノーメイクのナチュラルな感じもキュートですっ!

同エントリーにファンからは「可愛いんじゃああああ」「天使すぎる可愛い好き」「これぞまさに目の保養」と絶賛&悶絶の声が殺到するほか、「これがスッピンだなんて 国宝ですね」「すっぴんでこの可愛さ! すっぴんの方が昔の面影あるね」「さらっとスッピン載せたりするところがラブ」と、これらの写真がノーメイクで撮影されたということに驚きを隠せない反応も寄せられ、注目を集めている。

https://33man.jp/article/005682.html 

no title

no title

no title

no title




【【画像】橋本環奈の“すっぴん”ショット4連発に悶絶の声「可愛いんじゃああああ」「国宝ですね」】の続きを読む

このページのトップヘ