2018年06月

1: 2018/06/30(土) 04:09:10.49 ID:CAP_USER9
TBS宇垣美里アナ、TVで見かける機会が減った理由

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180629-00000015-pseven-ent

勝ち気な性格が裏目に?(写真:ロケットパンチ)
no title


4年に1度のサッカーワールドカップは、テレビ各局にとっても一大イベント。女性アナの間でも、大舞台での活躍でレギュラー奪取に意欲満々の若手もいれば、エースの座を盤石にしようとするベテランもいる。

TBSでは昨年までサッカー関連番組は宇垣美里アナ(27)の独壇場だったが、今大会では重要な中継は後輩・上村彩子アナ(25)が担当している。

「宇垣アナは春の『あさチャン!』降板以降、テレビで見かける機会が少なくなった。勝ち気な性格で、起用を巡って『あさチャン!』のプロデューサーと揉めたことが一因と言われています。

それ以降、ラジオに主戦場を移し、『ぶっちゃけキャラ』と、意外にも豊富なアニメや映画への知識で支持を受けている。マルチに活躍している先輩の小島慶子(45)のような存在になるのでは。

一方、上村アナは人懐っこく、取材現場での人気がピカイチ。Jリーガーにも“隠れファン”は多いようです」(TBSスポーツ担当)

※週刊ポスト2018年7月6日号


【宇垣美里アナ、『あさチャン!』のプロデューサーと揉め、TVで見かける機会減少か?】の続きを読む

1: 2018/06/29(金) 22:17:03.91 ID:CAP_USER9
 6月28日発売の「週刊文春」で、同誌恒例アンケート企画の「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」を発表する特集記事が掲載された。

「好きな女性アナ」部門では、日本テレビの水卜麻美アナがV5を達成。2位はNHKからフリーになった有働由美子。加藤綾子はワンランクダウンの3位だった。ところが、加藤は「嫌いな女性アナ」部門では4期連続1位に。しかも今回は、2位の安藤優子が136票なのに対して加藤が201票と、圧倒的な“嫌い票”が集まったと言える結果だった。

「加藤は、アナウンサーとしてのスキルは高いんです。声もいいし滑舌も良く、メインMCのサブとしても巧い。そのアナウンス力は誰もが認めるところです。ところが、今年は『ブラックペアン』(TBS系)で女優に挑戦したことで、『嫌い』に拍車がかかってしまいましたね。ですが、好きの部門で3位にいるということはそれだけ知名度があり、世間もアナウンサーとしての力量を認めているという証。 “好き”でも“嫌い”でも真っ先に名前を思い浮かべてもらえるのですから、それだけ気になる人ということです。“好き”で1位の水卜アナも、“嫌い”で3位に入っていますからね」(芸能ジャーナリスト)

 話題の演技については「ドラマの世界観を崩す」と不評だった加藤。経験を活かせるアナウンサー役などではなく、いきなり難しい役だったことでの結果だったかもしれないが、今後女優業も続けるなら、一層演技力を磨いて必要があるのだろう。

https://www.asagei.com/excerpt/107456 

no title

期間限定セール(毎週作品更新)

【加藤綾子、「嫌いなアナ」断トツ1位の“やっぱりな原因”】の続きを読む

このページのトップヘ