2017年11月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/11/28(火) 22:38:54.38 ID:dnTyufD50
ローラ(27)が芸能界から消滅寸前の大ピンチに見舞われている。今後の行方次第で本番AVに出演する可能性も出てきたのだ。
「彼女と所属事務所『L社』との対立はすでに表面化しています。6月にローラは突如、『最近裏切られたことがあった』『10年間の信頼を返してください』とツイート。
これは事務所社長を指すものだとマスコミ関係の間で騒然としました。彼女のマネージャーが切られたり、社長との不仲は、以前から伝わっていましたからね」(芸能プロ関係者)

今回のトラブルは、不満が爆発したローラが実力行使に出てきたものとされる。
「まだ一部関係者だけですが、個人事務所を設立し、『仕事はそちらに連絡ください』という案内をしている。しかし、正確には現在もL社に所属。
話し合いもなく、勝手に独立したとされます。それがまかり通るならば、芸能プロの存在意義を根幹から揺るがしてしまう。
彼女の行動には、タレントからも批判的な意見が集まっています」(同)

ただ、ローラに同情する声もある。それは、L社とのトラブル原因ともなった契約面。一部週刊誌の報道では、'10年7月に契約。 
内容は10年契約とされ、事務所の意思でさらに10年自動延長できるといったもの。 
「ローラサイドが週刊誌に『奴隷契約』として一方的に流した情報ですから鵜呑みにはできませんが、実質20年契約。ただ、それにサインしたのは彼女自身。 
“芸能界の闇”とされるタレントとの契約条件のルールに、同情する声があるのも事実です」(女性誌記者) 

そんなローラが、L社がらみの仕事を続々とキャンセル。今出ているCMは、以前、撮影した過去のものだとも一部夕刊紙で報じられた。 
「違約金は間違いなく10億円を超えるとされます。ローラはハリウッド女優を目指し、'16年には映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』にも出演。 
女優の実績もない彼女が出られたのは、まさに事務所の力。彼女の演技力では、ポルノ女優が関の山ですからね」(同)

今後、億単位の違約金をどうやって返すのか? アイドル雑誌編集者が明かす。 
「ヘアヌード写真集しか残す道はないでしょう。金髪ローラの“性器”はどうなっているのか、みんな興味があるはず。40万部、ギャラ2億円はイケるでしょう。 
あとは、AV出演。間違いなく3億円は可能。日米の“本番女優”で頑張れば、活路もある」 

まさに「傷だらけのローラ」だ!


【【速報】ローラ、AVデビューか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/11/28(火) 16:47:16.51 0
桜もこ @moko_sakura3
こんばんは
大学生っぽい服装で東大の文化祭行ってきました 
フランクフルトとチョコバナナおいしかった&楽しかったです

no title

no title

no title

no title

https://twitter.com/moko_sakura3/status/934698549463326720


桜もこ
no title


【【画像】新人AV女優、大学生っぽい服装で東大の学園祭に行く こんなんすれ違っても絶対に分からないやん】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/11/28(火) 16:31:43.454 ID:igXcBGvK0
ちんちんが(´・ω・`)
no title

no title

【【画像】吉岡里帆が嫌々グラビアやってたとか言ってるの知ってイライラMAXでキレそう】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/11/28(火) 11:31:50.44 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・HKT48/AKB48の宮脇咲良(19)が、27日発売の『週刊ヤングマガジン』第52号(講談社)の表紙と巻頭グラビアに登場。
5ヶ月ぶりの同誌グラビアで、進化を続ける最新の美を堂々と披露した。

宮脇の前回のグラビアは6月の『第9回AKB48選抜総選挙』の直前で、結果は見事4位にランクイン。
すっかり48グループの顔として成長し、来月にはHKT48の1stアルバムの発売と着実にステップアップしており、目標としている来年の総選挙1位へ向けて邁進している。

今回のグラビアは、白い大きめTシャツを濡らしながらプールで遊ぶ姿や、ソファに横たわってカメラを物憂げに見つめるカットなど、かわいらしさとセクシーを見事に表現。
白く輝く美脚やデコルテラインも見せつけ、今回も目が離せない内容となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000313-oric-ent

『週刊ヤングマガジン』第52号 宮脇咲良
no title

no title

no title

no title


【【グラビア】HKT宮脇咲良、白く輝くセクシー美脚を披露 進化を続ける美しさに迫る】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/11/28(火) 03:59:34.30 ID:CAP_USER9
 私がお笑い芸人の方と付き合うようになったのは、“僕イケメン”のKさんがきっかけでした。その当時は、私が20代半ばだったのですが、彼の方からいきなり私のブログを介して「はじめまして。お笑い芸人をやっているKと申します」っていう、顔写真付きのダイレクトメッセージが届いたんです。
 その後も、「今日はどんな下着してるの?」とか、「裸の写真、送って欲しいな」とか変なメッセージばかり送ってくるから、スルーしていたんですけどね。でも、あまりにもしつこかったので、1回だけならってことで会うことにしたんです。それで実際に面と向かってみると、意外にもレディーファーストだし、何をするにも気配りがあって、なかなかいい人だなと思ったんです。

 ただ、彼とのエッチには驚きました。というのも、その日にする内容の“台本”を作ってくるんです。それは、それぞれセリフの役割分担が書いてあるほどの細かさでした。そんな暇があるなら、ギャグの一つでも考えたらいいのにって思いますけどね(笑)。
 しばらくしてKさんとは別れてしまいましたが、体の関係は続いていて、彼が結婚した直後も会っていたんです。すると奥さんから電話が掛かってきて、「もし次に会ったら訴えます」と言われたこともありました。そのことで悩んでいた時に、リアクション芸人のDさんに相談したことがあったんです。そしたら飲みに誘われて、ホテルへ行ったこともありました。

 Kさんと別れた後は、最近結婚された、美味しいお店に詳しい方のWさんとお付き合いしました。ただ彼は、とにかく面倒くさい人だったことを覚えています。食事に行っても「このビールはどこそこので、味はどうこう」とか、「ここの店の水は水道水を使っているからダメ」とか。そのノリはホテルへ行っても同じで、スリッパの脱ぎ方とか、お風呂の長さとか、何かと注文をつけてくるんです。それでも、エッチの方はというと、ごく普通。そこには、まったくこだわりはなかったようです(笑)。
 そうした普段のうるささもあって、Wさんとはすぐに疎遠になりました。ただ、彼からのつながりで行き着いたのが、「子供を作ろう」と言われた、トリオ東京03の豊本(明長)さんだったんです。豊本さんについては、あちこちで聞かれてお話したので、もういいでしょう(笑)。

 芸人といえば、最初はKさんと言いましたが、20代前半には超大物で、今は引退されているSさんとも関係を持ったことがありました。
 この方とは、過去にお仕事をした関係で連絡先を交換していたんです。それで、ある時、Sさんから「飲みに行こうよ。誰か連れてきてよ」と電話があったので、ビジュアルクイーン時代の友人を連れて会いに行ったんです。待ち合わせの場所に着くと、緊張していたせいか、案の定、酔ってしまって。Sさんのマンションに連れて行かれたんです。
 それで、事が済んだ後に、「めぐちゃんって、結構イケる方? タイプは幅広い?」と聞かれたんです。私、その瞬間は意味が分からなかったんですけど、要するに自分の後輩たちも相手にしてくれってことだったんです。それで怖くなってしまい、以来、Sさんとは連絡を取らなくなりました。そんなことがあって数カ月後、Sさんは電撃引退したんです。ちなみに、Sさんのエッチはというと、とにかく触られるのが嫌なタイプで、これにも困りました。とにかく、恥ずかしがり屋さんだったようです。

 そんな流れの話に、豊本さんも驚いていたんですが、もっとビックリしていたのが、別居報道が出たお笑いコンビMのOさんと、その絡みで知り合った、こちらもコンビTのKさん。2人はそれぞれボケとツッコミで、特にOさんはテレビでは一発ギャグをするすごく明るいキャラなんですけど、普段とかエッチの時は、すごくクールで物静かな方でしたね。

http://wjn.jp/article/detail/9856584/

no title

【女優・濱松恵「私を抱いたオトコたち」(芸人・俳優編)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/11/26(日) 17:30:10.47 0
no title

no title

no title

no title

no title

(GIF動画)
no title



【【画像、動画】「TWICE」モモのどすけべなカラダwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/11/28(火) 14:46:35.95 ID:CAP_USER9
9歳からTBSの人気ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』でかづちゃんこと野々下加津役として出演していた宇野なおみ(28)が、28日発売の雑誌『FLASH』11月28日発売号で初めてのグラビアに挑戦。
ネット上では大きな反響が上がった。

“かづちゃん”がグラビアデビュー

誌面で大胆なランジェリー姿を披露し、ヘルシーなボディラインと笑顔で魅せた宇野。
これに対しネット上では「かづちゃんがグラビア!」「今日イチのびっくり」「渡鬼の子!大きくなったな」「腹筋すごい!!」「めっちゃセクシーだわ」といった衝撃の声が多数上がった。

また反響を受け宇野本人も、Twitterにて「どうでもいい話ですがこれほぼ盛ってません。腹筋も自前です」とコメントしている。

宇野なおみ(うのなおみ)プロフィール
1989年8月26日生まれ
東京都出身
早稲田大学卒
1996年、舞台『マダム・バタフライ』で、子役デビュー。
舞台『おしん』の演技をきっかけに1998年から『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)に野々下加津役でレギュラー出演。
現在、通訳、女優として活躍中。

http://mdpr.jp/news/detail/1730826

『FLASH』 宇野なおみ
no title

子役時代
no title

【『渡る世間は鬼ばかり』子役・宇野なおみ、初グラビアに挑戦 美ボディ解禁に衝撃の声】の続きを読む

このページのトップヘ